FASHION 公開:

オーガニックコットン下着ブランド(日本)9選|エシカルで心身が喜ぶランジェリーをデイリーに楽しむ!

2019年10月15日ブランド追加【肌触りのよいオーガニックコットンの下着でエシカルライフを楽しむ!】天然素材・オーガニックコットンを使用した、日本国内エシカルファッションブランド(日本製、日本製ではないがフェアトレード認証済など)をご紹介します。女性用・男性用・ベビー用、肌や環境に悪い化学物質不使用・肌に優しいオーガニックコットン肌着を探している方におすすめ!

毎日ダイレクトに素肌に触る下着(ランジェリー、アンダーウエア)に、皆さんはどれだけの意識を向けられていますか?

外側から見える衣類同様(もしくはそれ以上に)、下着は肌にとって心地よく、心までも優しく包み込んでくれるようなモノでなければ、毎日を気持ちよくスタートすることはできませんよね。

オーガニックコットンの下着を着た女性

そしてさらには、エシカルでサステナブルな価値が下着に宿っていたなら――何気ない日常が別の色で見えてくるかもしれません!

エシカル、エコやサステナビリティ(持続可能性)をキーワードにしたファッションブランドは、嬉しいことに国内外で増えてきていますが、そのなかで下着を主に扱っているブランドはまだ「多い」とまでは言えません。ですがその数は確実に増えてきています!

そこでここでは、オーガニックコットンを使用したエシカルな下着ブランド(下着・ランジェリー専門ブランドから、下着も扱っているエシカルブランドまで)を日本国内ブランドからピックアップ。これからのオーガニックな下着選びにぜひご参考ください。

※専門的にはブラジャーやショーツは「ファンデーション」と呼ばれ、「ランジェリー」には含まれません。しかしここでは分かりやすく一般的に普及しているように、女性用下着全般を「ランジェリー」と表現しています。

■オーガニックコットンについて、詳しくはこちらの記事もチェック
『オーガニックコットンとは|普通のコットンとの違いは?綿花栽培の現実とフェアトレードな試み!

■エシカルファッションについて、詳しくはこちらの記事もチェック
『ファストファッションとエシカルファッション―安価であることが意味する影の部分の代償は?』

Liv:ra(リブラ)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:オーガニックコットン、草木染
2015年ソーシャルプロダクツ賞受賞
Ethical Fashion Japan(エシカルファッションジャパン)推薦ブランド
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェア、アパレルなど)

Liv_ra 草木染めランジェリー
※公式インスタグラムより

オーガニックコットンやシルクなど、こだわりの着心地の天然素材を、2000年前から日本に伝わる伝統の草木染で仕上げた、エシカルランジェリーブランド。

※上画像は「シルクのブラ」+「オーガニックコットンの腹巻」。ワンピースなどアパレル商品もあります。

京都の職人による「新万葉染め」という草木染めの技術を使い、京都の工場にて一点一点手染めされています。

「草木染めインナーは『着る漢方』」という考え方のもと、心身の状態に影響を受けて(汗のPh値により)色落ちした場合は、リラックスタイムを持つなどの健康管理の目安にもなるとのこと。

そのため草木染めの薬効成分を保つために、1年に1回自分で簡単に染め直しができる「(天然染料の)染め直しキット」も用意されており、長く愛着を持って楽しむことができます!

Liv:ra(リブラ)公式サイト

PRISTINE(プリスティン)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:オーガニックコットン、ベビーウエアあり、染色なし
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェア、布ナプキン、アパレルなど)、メンズ(アンダーウェア、アパレルなど)、ベビー(ロンパース、肌着、布おむつ、アパレルなど)、寝具(パジャマ、シーツなど)、ホームグッズ(タオル、ブランケットなど)、オーガニックコットン糸、布など

PRISTINE プリスティン
※公式インスタグラムより

1990年よりオーガニックコットン事業を行っている「アバンティ」発、1996年に作られたオリジナルブランド「プリスティン」。

「3年以上農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で栽培され、認証を受けている」オーガニックコットンにとことんこだわり、人にも地球にも優しいことをモットーにしています。

またすべての製品が「無染色」。さらにすべての工程において塩素系漂白剤、定着剤など、肌や環境に悪い合成化学物質は一切不使用。天然の色や風合いを生かした、見た目にもソフトでナチュラルな表情が魅力的です。

機能性も高く、形や補正力の異なる複数種類のブラは、一度使うとやめられなくなります。

メンズやベビーアイテム、寝具もあるため、家族全員でオーガニックコットンのやさしさに包まれて一日中過ごせますよ!

PRISTINE(プリスティン)公式サイト

nanadecor(ナナデェコール)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:オーガニックコットン
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェア、布ナプキン、アパレルなど)、ベビー(ロンパース、肌着、アパレルなど)、寝具(パジャマ、シーツなど)、ホームグッズ(タオルなど)など

nanadecor
※公式インスタグラムより

2005年にファッションエディターの神田恵実さんによって設立されたオーガニックコットンブランド。

オーガニックコットンならではのやわらかな肌触りに着目し、厳選して素材を選んでいるため、洗うことにとろけるような肌触りに進化していくのが特徴的です。

また縫製にもこだわり、肌に当たる裏側はできるだけ肌当たりが少なくなるように考え抜かれています。

着る度にやわらかな肌触りを実感できるため、使うほど心身ともに安心感のある存在に!

nanadecor(ナナデェコール)公式サイト

People Tree(ピープルツリー)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:フェアトレード、オーガニックコットン、サステナビリティ
2012年Ethical Fashion Forum(EFF)より「The Source Awards 2012」を受賞。
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェア、アパレルなど)、メンズ(アンダーウェア、アパレルなど)、ベビー(ロンパース、肌着、アパレルなど)、ホームグッズ(タオル、ブランケットなど)

People Tree
※公式インスタグラムより

世界的なエシカルファッションのパイオニアとも言える、エシカルアパレル・フードブランド「People Tree(ピープルツリー)」。

ブランドロゴのついている取り扱いアイテムは100%フェアトレード認定を受けている「フェアトレード専門ブランド」です。

途上国の生産者たちが、コミュニティの環境を守りながら持続的(サステナブル)な生産ができるように、独自の「環境ポリシー(Eco Policy)」を定めている点も信頼性があり、頼もしい存在です。

コットン製品の約80%はインドのオーガニックコットンを使用(コットン素材アイテムのほとんどが、オーガニックコットン含有率100%)。もちろんオーガニックコットンの、シンプルで肌触りの良い下着もラインナップされていますよ!

People Tree公式サイト

MILFOIL(ミルフォイル)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:オーガニックコットン、オーガニックリネン、オーガニックウール
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェア、アパレルなど)、メンズ(アンダーウェア、アパレルなど)、ホームグッズ(タオルなど)

MILFOIL
※公式インスタグラムより

糸や原料のコットンはすべてオーガニックコットン100%、さらにリネンやウールもオーガニック100%とオーガニックに徹底した姿勢を見せている、シンプルナチュラルなブランド「ミルフォイル」。

使用されているオーガニックコットンは、インドやトルコから単一綿の糸を仕入れたもの。さらに国内の工場にて、オリジナルの生地を開発しているとのこと。

化学薬品で漂白や溶解を一切せず、ナチュラルかつ着心地の良いアイテムをカラフルに展開しています。お気に入りアイテムは色違いでたくさん揃えるのもおすすめ!

MILFOIL(ミルフォイル)公式サイト

SkinAware(スキンアウェア)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:オーガニックコットン、ボタニカルダイ(植物染め)、フェアトレード
糸の段階から厳しい認証、認定(GOTS、NOCコットン、NOCグリーン)を受けたオーガニックコットン(bioRe COTTON、SWISS COTTON)を使用
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェア、アパレルなど)、メンズ(アンダーウェア、アパレルなど)、スキンケア・ボデイケアなど

SkinAware
※公式インスタグラムより

レディスブランドのデザイナー、コンサルタントの可児 ひろ海さんが2004年に立ち上げ、日本でのエシカルファッションの先駆けとなったオーガニックコットンブランド 「Skinware (スキンアウェア)」。

インドとタンザニアで展開されているビオリプロジェクトから生まれるオーガニックコットン「bioRe COTTON」や、スイスで紡績された糸にのみ与えられる世界で最も高品質な糸の代名詞「SWISS COTTON」を使用しています。

さらには一般綿と混合しない、化学農薬を使用しない、科学的な処理をしない、フェアトレードであるなど厳しい規準を設けている「NOC(日本オーガニックコットン流通機構)コットン認定」、加工の際に環境や使う人の健康を守るための条件が細かく規定されている「NOC(日本オーガニックコットン流通機構)グリーン認定」も受けています。

ファッション性とエシカルな姿勢がムリなく融合されている人気ブランドです!

SkinAware(スキンアウェア)公式サイト

made in earth(メイド・イン・アース)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:オーガニックコットン
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェア、布ナプキン、アパレルなど)、メンズ(アンダーウェア、アパレルなど)、ベビー(ロンパース、肌着、アパレルなど)、ホームグッズ(タオル、ブランケットなど)など

MADE IN EARTH
※公式インスタグラムより

1995年にスタートした純オーガニックコットン製品の専門ブランド。日本における布ナプキン普及のパイオニア的存在です。

使用されているオーガニックコットンは、世界各国の第三者の認証機関により認証されたオーガニックコットン(無農薬有機栽培綿)。

製造の段階で独自の基準を設け、化学薬剤による脱脂、脱色、防縮加工、柔軟加工をせずに、オーガニックコットン本来のやさしい風合いを充分に活かした天然100%「純オーガニックコットン」という点に、安心感があります。

コットンそのままのキナリ(生成り)や藍染めカラーのアイテムなど、見るだけで優しい気持ちになれるアイテムが揃っています!

made in earth(メイド・イン・アース)公式サイト

天衣無縫(てんいむそう)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:オーガニックコットン
GOTSの正式認証を一部工場で取得済み
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェア、布ナプキン、アパレルなど)、ベビー(ロンパース、肌着、アパレルなど)、ホームグッズ(タオル、ブランケットなど)など

天衣無縫
※公式Facebookより

1993年に始まったオーガニックコットン専門ブランド。

美しいブランド名「天衣無縫(てんいむそう)」とは、天女の衣には縫い目がないことから転じた、「詩歌などに細工やわざとらしさがなく、自然に美しくつくられていること」を意味する言葉、とのこと。

その名の通り、自然のままに心地よく着用できるアイテム作りにこだわり、丁寧に作られています。

どのアイテムもほどよいフィット感で心も体もリラックスできるため、ロングセラーが多いのも納得です!

天衣無縫(てんいむそう)公式サイト

HEY!LUCY(ヘイ!ルーシー)

・設立された場所:日本
・エシカルな特徴:オーガニックコットン、「自分のことを考える意識」を持つきっかけとしてのプロダクト作りをしている。
・取り扱いファッションアイテム:レディース(ランジェリー、アンダーウェアなど)、メンズ(アンダーウェア)、スキンケア、コスメ、サニタリーグッズ

HEY! LUCY
※公式インスタグラムより

2018年に始まった、「ゆるいオーガニック」を提案する小さなプロダクトブランド「HEY!LUCY(ヘイ!ルーシー)」。

クラウドファンディングを活用し、オーガニックコットンランジェリーを誠実・地道に制作されている姿勢に、多くの女性たちが共感している注目ブランドです!

アーユルヴェーダやアロマテラピー、クレイなど、女性向けのセルフケアに関するワークショップも開催されているため、公式サイトやインスタグラムでの告知をぜひチェックしてみてくださいね。

HEY!LUCY(ヘイ!ルーシー)公式サイト

肌がうれしいと毎日が過ごしやすい!

優しい風合いと愛らしさに、身も心も癒されるオーガニックコットンのランジェリー(下着)たち。

肌に触れるモノだからこそ余分な化学成分や工程はいらない、という当たり前のことを日常生活のワンシーンに溶け込ませたい……。そんな現代人の心の声が、これらのステキなランジェリーを生み出したのかもしれませんね。

オーガニックコットンのタンクトップ着用女性

「いつも使っている下着になんだか肌がしっくりこない」「なんとなく不調がある」という方、「食べ物に気を付けているのだから、下着もナチュラルで安全なモノにこだわりたい」という方、「フェアトレード普及に楽しく無理なく貢献したい」という方など、オーガニックコットンのブランドにご興味が少しでもあるなら、ぜひブランドサイトをチェックしてみてください!

■他のエシカルファッションブランドについて、詳しくはこちらの記事もチェック
『エシカルファッションブランド8選|オシャレで着心地の良い国内外スローファッションブランド』

■合成繊維の生理用品のリスクについては、こちらの記事でご説明しています。布ナプキンにご興味がある方はこちらもチェック
『生理用品の病気リスク|合成繊維タンポンが原因で両足を切断したモデルが語るTSSの危険性』

この記事を書いた人

ライター:奥田真由子

アロマテラピー検定1級、環境カオリスタ、ナチュラルビューティスタイリスト。京都府立大学大学院英語英米文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。文学研究を通して社会と人のあり方を考えていた経験から、国内外エシカル関連の情報を「肩ひじ張らずに」探求したく日々勉強中。