FOOD 2019.01.28

オーガニックプロテインブランド5選|ヴィーガンや子供も飲める高品質プロテインとプロテインの種類

【プロテインとは?プロテインに種類がある?】プロテインとはタンパク質のこと。ヴィーガンやアレルギーが心配な子供さんでも飲める植物性プロテイン、グラスフェッドのホエイ使用で話題の動物性プロテインのオーガニックプロテインブランドをピックアップしてご紹介します!

みなさんは健康的な体作りにプロテインを摂られているでしょうか。

プロテイン(protein)とは「タンパク質」のことですが、やはりイメージ的には激しいトレーニングをされるアスリートの方や、しなやかな筋肉をつけるためにジムで鍛えている方々(男女を問わず増えていますね)などが日常的に摂取されているように思います。

トレーニング後にプロテインを飲む女性

しかし最近では、食の細い子供さんやつわりなどで栄養不足が心配な妊婦さん、ダイエットや美容・健康目的で食事制限をされている方、またベジタリアンやヴィーガンの方などが、プロテインを栄養補給のために積極的に取り入れるライフスタイルが確立しつつあります。

そこでプロテイン選びのポイントとなるのが、とにもかくにも原材料自体とその品質の高さ。

やはり体のなかに取り込むモノのため、またアレルギーなどの問題もあるため、「安ければ、もしくは飲みやすければ、何でもいい」という気持ちで選ぶと栄養補給どころか後悔する結果になる可能性も否めません!

そこでおすすめしたいのが「オーガニックプロテイン」です。食材・食品や化粧品にオーガニック製品が増えているように、プロテインにもオーガニック原料が求められているのは、もはや当たり前、と言えますよね。

そのためここでは、簡単にプロテインについてご説明した後で、高品質なオーガニックプロテインブランドをご紹介します!

※過剰摂取(特に妊娠中の方)や原材料に含まれるアレルギー物質などには十分お気を付けください。懸念される場合は専門医にご相談ください。

原材料によるプロテインの種類

一口に「プロテイン」と言っても、実は原材料の種類によって市販のプロテインは大きく3種類に分けることができます。

【牛乳成分由来の動物性(ホエイプロテインなど)】

1つ目は、牛乳から採られるホエイ(乳清)やカゼインを使用した「動物性プロテイン」

そのためヴィーガンの方、牛乳アレルギーや乳糖不耐症の方などは摂取しないようにお気を付けください。

動物性プロテイン

ホエイプロテインのメリットは、水溶性で体内への吸収が速いため、胃腸がもたれにくい点。味も比較的飲みやすいとされています。

また筋肉の回復・修復を促すのに効果的。そのためスポーツやトレーニング後のタンパク質補給におすすめです。

反してカゼインプロテインは不溶性で吸収が遅く固まりやすいため、満腹感が欲しい時に適しています。

そのためダイエット時のタンパク質補給におすすめ。

また就寝およそ1時間前に摂取することで、就寝中もゆっくりと吸収し、成長ホルモンの働きを促す効果も期待できます。スポーツやトレーニングをしない休息日にも最適です(カゼインフリーを実践している方を除く)

【吸収速度】
ホエイプロテイン・・・およそ2時間
カゼインプロテイン・・・およそ7~8時間

■カゼインとホエイについてはこちらの記事で詳しくご説明しています。
『カゼインフリーで体調がよくなる!?牛乳成分カゼインで腸に炎症、副腎疲労でアレルギーに!?』

【ベジタリアン対応の植物性(ソイプロテインなど)】

2つ目は、大豆由来のソイプロテイン、エンドウ豆由来のピープロテイン、玄米由来のブラウンライスプロテイン、その他ヘンプシードやチアシードなどのスーパーフードから採られた「植物性プロテイン」があります。

ベジタリアン、ヴィーガンの方、牛乳アレルギーや乳糖不耐症の方、食の細い子供さんなどの栄養補給に適しています。

植物性プロテイン

代表的な植物性プロテインであるソイプロテインの場合、吸収の速さは遅い(カゼインプロテインとほぼ同じ速度)ため、満腹感が持続しダイエット向きと言われています。

また大豆には「大豆イソフラボン」も含まれているため、女性の場合なら女性ホルモンの一種「エストロゲン」減少による心身の不調改善も期待できます!

※ただし医薬品ではないため、過剰摂取しないようにご注意ください。また大豆アレルギーの方は摂取しないようにご注意ください。

【混合プロテイン】

3つ目は、複数のプロテインを混合し、バランスよくそれぞれの特長を取り入れた「混合プロテイン」

「動物性プロテインのみの混合タイプ」(例:ホエイプロテイン×カゼインプロテイン)
「植物性プロテインのみの混合タイプ」(例:ソイプロテイン×玄米プロテイン)
「動物性×植物性を合わせた混合タイプ」(例:ホエイプロテイン×カゼインプロテイン×ソイプロテイン)

があります。

そのためヴィーガンの方や牛乳アレルギーや大豆アレルギーなどでない方なら、たとえば「ホエイプロテイン×ソイプロテイン」で、吸収速度の異なる動物性と植物性プロテインの両方を摂取してみても!

補足:子供がプロテインを摂取すると身長が伸びない? 筋肉ムキムキになる?の間違い

子供さんがプロテインを摂取すると「ムキムキ筋肉になるのでは!?」「身長が伸びないのでは!?」という疑問をたまに耳にしますが、これは「プロテイン=ボディービルダーさん向け」という昔のイメージ先行であり、間違いです。

プロテインはタンパク質のため、たとえばお肉や大豆をたくさん食べるだけで「ムキムキ&低身長になる」とは考えられないですよね。

成長期の子供は身長が伸びることにタンパク質をはじめとした栄養が使われます。

またボディービルダーやスポーツ選手のすごい筋肉は、単にプロテインを摂取してできている訳ではなく、筋肉をつける専門的なトレーニングをして、トレーニングにより傷んだ筋肉を回復させて大きくする目的で、タンパク質を効率的に摂取するために「プロテインサプリメント」をプラスしているのです。

そのため運動量と比べて食事の量が少ない子供さんや、偏食やアレルギーの問題などで食事による栄養バランスに偏りが懸念される子供さんは、補助的に(体質にあった)プロテインを摂取されることが最近では増えてきています。

【タンパク質の食事摂取基準】については、厚生労働省のHPに掲載されていますが、目安として6歳男子なら1日35g、10歳男子なら1日50g程度とのこと(成人男性で60g)。

ただし子供さん個人の運動量などにもよるため、ご心配な場合はかかりつけのお医者様にご確認頂きたく思います!

植物性4選(ヴィーガン仕様)+動物性プロテインブランドをご紹介

ではここからは、品質に安心感のある人気のオーガニックプロテインブランドとその代表プロテイン例をご紹介します!

ヴィーガンプロテイン

ご自身やご家族のプロテイン摂取をご検討中の方、現在摂取しているプロテインではなんとなく体に合わない気がする方など、オーガニックプロテインに少しでもご興味があるなら、それぞれの特徴をご説明しているためぜひご参考ください。

Sunfood SUPERFOODS(サンフード スーパーフーズ)

・設立された場所:アメリカ(カリフォルニア州サンディエゴ)
・エシカル、オーガニックなポイント:遺伝子組み換え作物(GMO)フリー、乳製品フリー、ソイフリー。ローフード、ヴィーガン仕様。
栄養学を踏まえた健康に対する影響を啓蒙しているオーガニック界のパイオニア。
・取得認証:CCOF(カリフォルニア有機農業認定団体)認証 、USDA認証、有機JAS認証など

Sunfood サンフード
※公式インスタグラムより

1980年代後半に起きたローフードムーブメントにより、スーパーフードやローフードの実践をはじめとする革新的なコンセプトで1995年にアメリカにて設立された、スーパーフード界のパイオニア的存在の「サンフード スーパーフーズ」。

現在では250種以上のオーガニック&ローフード製品を世界各国で販売しており、創立者デヴィッド・ウルフさんはスーパーフードやローフードについて世界中で影響を与え続けています。

販売されているオーガニックプロテインは幾種類かありますが、ここでは「オーガニック スーパーグリーンズ&プロテイン」をご紹介!

「オーガニック発芽玄米プロテイン」に22種のオーガニック素材、乳酸菌、酵素がプラスされた植物性プロテインです。

使用されているスーパーフーズの「スピルリナ」「クロレラ」はUSDA認証を受けており、品質の確かさには定評があります。

水溶性・不溶性食物繊維などが豊富で、粘剤・増量剤・安定剤は不使用。人工的に加工・抽出された栄養素ももちろん配合されていません!

健康的にしなやかなボディづくりを目指す方におすすめです。

※この他、「発芽玄米プロテイン×ピープロテイン」のチョコレート風味などがあります。

【おすすめの方】
ヴィーガン、ローフーディアン、コーシャーフード(ユダヤ教徒が食べられる食品)を求めている方、大豆アレルギーの方、乳糖不耐症の方、妊娠中・授乳中の女性、ダイエッター、お子さんなど

サンフード スーパーフーズ日本公式サイト 

NOVA SCOTIA ORGANICS(ノバスコシアオーガニックス)

・設立された場所:カナダ(カナダ東海岸ノバスコシア半島)
・エシカル、オーガニックなポイント:遺伝子組み換え作物(GMO)フリー、化学合成された添加物フリー、グルテンフリー、ソイフリー。ヴィーガン仕様。
カナダ農務省などの研究機関と商品開発を行っている。
・取得認証:USDA認証、有機JAS認証(製品による)

ノバスコシアオーガニックス
※公式インスタグラムより

カナダ東部に本社のある、オーガニックのサプリメントを製造販売している「ノバスコシアオーガニックス」。

世界中の信頼できるオーガニック生産者から原材料を仕入れており、遺伝子組み換え作物(GMO)や化学合成された添加物は一切不使用。

USDA認証オーガニックの製造基準及び製造品質管理基準に則って全製品が作られているため、安心感◎です。

販売されているオーガニックプロテインは「カカオ&メープル」味。3種の素材(有機発芽玄米、有機エンドウ豆、有機チアシード)のプロテインをオリジナルブレンドした混合タイプです。

日本初の有機JAS認証のオーガニックプロテインであり、日本限定でカカオ、デーツ、メープルシロップが配合されています。

なるべく皮や種など植物全体を余すところなく使ったホールフードの考え方をベースに、グルテンフリー、ソイフリー(大豆不使用)。100%植物性のヴィーガン仕様なナチュラル・オーガニックプロテインです。

【おすすめの方】
ヴィーガン、マクロビアン、大豆アレルギーの方、妊娠中・授乳中の女性、ダイエッター、お子さんなど

ノバスコシアオーガニックス日本公式サイト 

Orgain(オーガイン)

・設立された場所:カナダ
・エシカル、オーガニックなポイント:遺伝子組み換え作物(GMO)フリー、乳製品フリー、ソイフリー、グルテンフリー、ラクトースフリー。
ローフード、ヴィーガン仕様。※製品によるため個別に要確認。
・取得認証:USDA認証、QAI認定など

Orgain
※公式インスタグラムより

創立者のアンドリュー・アブラハムさんが10代の頃ガンを患っていた経験から、質の良い栄養素を広く普及させるために作られたのがOrgainのサプリメント類です。

数あるプロテインのなかで人気なのは「Organic Protein™ Plant Based Protein Powder(Creamy chocolate Fudge)」(オーガニックプロテインパウダー/植物ベース/クリーミーチョコレートファッジ味)。

このプロテインシリーズは、アメリカの有名ヘルシーライフスタイル誌『PREVENTION』における「Prevention’s Cleanest Packaged Food Awards 2017」という賞を受賞しています。

クリーンな原料である「オーガニックエンドウ豆由来プロテイン(ピープロテイン)」「オーガニックシアシード」「有機玄米」に、「オーガニックココア」を合わせ、高品質かつ毎日の飲みやすさも追及。

ヴィーガンの方やコーシャーフードを探している方に愛飲者の多い植物性プロテインです。

【おすすめの方】
ヴィーガン、コーシャーフード(ユダヤ教徒が食べられる食品)を求めている方、大豆アレルギーの方、乳糖不耐症の方、妊娠中・授乳中の女性、ダイエッター、お子さんなど

Orgain公式サイト(英語のみ)

※日本国内では複数の海外輸入ショップにて販売されています。

Orga Life(オーガライフ)

・設立された場所:日本
・エシカル、オーガニックなポイント:無農薬、無添加、化学肥料未使用の原料のみ使用。遺伝子組み換え作物(GMO)フリー、化学合成された添加物フリー、グルテンフリー、ソイフリー。ヴィーガン仕様。
農家直販をコンセプトにして商品開発している。
可能な限り国内オーガニックな提携農家の材料を使用。輸入原料も有機認証などを取っているこだわりのものを厳選している。
・取得認証:USDA認証、Ecocert認証、KOSHER認証、有機JAS認証など

玄米プロテイン SULARICO
※公式サイトより

オーガニックなものを衣食住のライフスタイル全般に取り入れて、体にとっても環境にとっても良くなることをコンセプトに、厳選した国内外の自然素材を使った美容健康食品を製造販売している「オーガライフ」。

農家直販をコンセプトにして商品開発を行っており、可能な限り国内オーガニックな提携農家の材料を使用。輸入原料も有機認証などを取っているこだわりのものを厳選。

さらには原料クリーニングや金属探知検査、X線検査、手作業目視での選別、冷凍殺菌など、その原料に合わせた製造工程を導入している徹底ぶりです。

販売されているプロテインは「Sularico」という発酵発芽玄米プロテイン。玄米は植物性プロテインのなかでアミノ酸値がもっとも高いとされることから、9種類の必須アミノ酸がバランスよく摂取できるように作られています。

原料のプロテインを製造するカナダではUSDA、Ecocert、KOSHERなどの有機認証を取得(製造加工は京都の有機JAS取得工場)。アレルゲンフリー&チョコレートまたはメープル味で、安心感もおいしさも◎です!

【おすすめの方】
ヴィーガン、コーシャーフード(ユダヤ教徒が食べられる食品)を求めている方、大豆アレルギーの方、乳糖不耐症の方、妊娠中・授乳中の女性、ダイエッター、お子さんなど

オーガライフ公式サイト 

Choice(チョイス)

・設立された場所:日本
・エシカル、オーガニックなポイント:グラスフェッド・ホエイプロテイン使用。日本国内のGMP認定工場で生産。
人工香料・甘味料フリー、遺伝子組み換え作物(GMO)フリー。
JAS認定100%有機コロンビアコーヒー使用(コーヒー味の場合)。
・取得認証:有機JAS認証(抹茶シリーズの場合)

Choice
※公式インスタグラムより

アスリート向けのサプリメント理論の分野で世界的な権威であるマウロ・ディパスカレ博士承認の元でサプリメントを開発しているWATZMANN RESEARCH社(設立者は日本在住のオーストラリア人サイモン・デューさん)。

2018年に設立されたため、まだ新しい企業と言えますが、すでにアスリートたちの間で人気が出ているのが、ニュージーランド牧草牛の乳清を使用してつくったグラスフェッド・プロテイン「ゴールデンホエイ」です。

「グラスフェッド」とは「牧草肥育」を意味し、牛を放し飼いにすることで、ストレスなく良質の牧草を食べさせ、良質のミルクや食肉を提供することを指します。

ゴールデンホエイはニュージーランドとアイルランドの厳選した牧場で、ストレスなく育った牛の乳清(ホエイ)を100%使用。さらに生産過程でエネルギー補給に有効な成分を含んだままの状態でパッケージングしているのが高ポイント!

動物性プロテイン、特に吸収スピードの速いホエイプロテインをトレーニング後などに摂取したい、アスリート系の方に特におすすめです。

【おすすめの方】
アスリートの方、スポーツを頻繁に行う方など

Choice公式サイト

ライフスタイルに合わせておいしく栄養補給!

食生活を含め、ライフスタイルにおける価値観は人さまざま。ですが食事によって人の体は作られ、また心(脳・精神)の有り様にまで影響を与えることは想像に難くありません!

そのため不足しがちであったり、今の自分に必要だと思えたりする栄養素を、補助的にサプリメントで体に取り入れるのは賢い選択ではないかと思います。

サプリメント

ですがそのサプリメントの原材料はどこから来て、どのように作られているのかを知るには、製造販売元(メーカー)の言葉を信用するしかないのが一般消費者の辛いところでもあります。

そのため、消費者自身も自分の目で確認しつつ、信用・信頼できる姿勢を持ったメーカーによる高品質なモノをできる限り選ぶように、また選ぶことができる環境が整うようになれば、と願わずにはいられません!

ライフスタイルの多様化によって、多種多様なサプリメントの需要も広がっています。また別記事にて、注目のオーガニック系サプリメントをご紹介していきたいと思います。

■アーユルヴェーダにおける、食べ物が心身に与える影響についてはこちらの記事へ
『アーユルヴェーダの心の性質「トリグナ」基本まとめ|あなたの心は動性or怠性?心身の健康を左右する食材とは』