ヴィーガンオーガニックベジタリアン 公開:

Veg Out-vegan cafe(ベグ アウト ビーガンカフェ)

鴨川のほとりでゆったりとした時間を過ごせる100%ヴィーガン対応の人気カフェ

入口

Veg Out(ベグ アウト)とは

『京都、鴨川のほとりに、Veg Out(のんびり過ごす)な空間を』というコンセプトをベースに、ゆったりと過ごせる空間と、心や身体が純粋に喜ぶ食事を提供してくれるビーガンカフェ「Veg Out-vegan café(ベグアウト ビーガンカフェ)」。

外観
※お店の横には鴨川が流れています! 窓際の席は鴨川と向かい合っているため、一人でも時間を気にすることなくゆったりと過ごせますよ。

窓際の景観
【11月上旬】窓際の席からの眺め。この日は鴨川に(まさに)カモの親子が遊んでいました!

完全ヴィーガン料理をおいしく気負いなく楽しむことができるため、2015年10月のオープン以来、国内外から多くの方が七条大橋たもとの憩いの場「ベグアウト ビーガンカフェ」を目指してやってくるほどの人気店です。

海外からの観光客の方も多いほど、京都のヴィーガンカフェとして有名なんです。

ちなみにこちらはヨガ講師の方が経営されていて、同じ建物内には同グループの「ヨガスタジオTAMISA」もあります。

オーガニック野菜が中心で、見た目にも鮮やか

野菜は京都近郊のオーガニック野菜(自然農、有機栽培)が中心。さらに無添加・無化学調味料が使用されているので、安心して自然の恵みを体に取り入れることができます。

さらには元フレンチのシェフが提供する色鮮やかで見た目にもおいしそうなメニューが豊富に揃っているので、ヴィーガンの方はもちろん、普段はヴィーガンやベジタリアンでない方も「物足りなさ」は全くなく、ワクワクしながらメニュー選びに迷いそう!

人気ランチ紹介 ※2018年11月現在

ワンプレート
■“おばんざい”プレート
¥1,500(税抜)
京都の有機野菜を中心に、手間暇かけて仕上げたおばんざい5種とメイン1種
※玄米ご飯、サラダ、スープ付き

この日はソイミートの竜田揚げ、ラタトゥイユ、テンペなどがそれぞれ程よい量でワンプレートに。盛りだくさんでウレシイ!

味つけはしっかりしていて、それぞれに噛み応えもあり、ヴィーガンでない方も想像以上においしくて驚いてしまうかもしれませんね。

パニーニ
■ベグパニーニ
単品:¥1,000(税抜、デリ、サラダ、スープ付き)/ おばんざい3種盛りのセット¥1,500(税抜)

もっちりとした全粒粉パニーニに、Veg Out特製の「フェタ豆腐」(フェタチーズに似せた食材)をホットサンド! 新鮮な季節の野菜が彩りを添えてくれます。

+500円でおばんざい3種のセットにもできるので、軽くランチを楽しみたい方も、しっかり摂りたい方も大満足ですよ。

コーヒーとハーブティー
ランチにはプラス200円でドリンクをセットできます。

画像は「有機穀物コーヒー」と「オーガニックハーブティー」です。どちらもクセがなく飲みやすいので、ついつい長居してしまいそう!

その他メニューには、スイーツ(ローケーキもあり)やソイラテなどもたくさんありますよ。

お友達やご家族へのおみやげにも!

ナッツ類
お店にはオーガニックコーヒーやナッツ類など、ついついお土産にしたくなる自然食材も販売されています。

アクセサリー
シンプルながら存在感のあるアクセサリーもあるので、お友達へのプレゼントにもステキですよ!

店舗情報

店名 Veg Out-vegan cafe(ベグ アウト ビーガンカフェ)
ジャンル ヴィーガンオーガニックベジタリアン
電話番号 075-748-1124
予約 予約可
住所 京都府京都市下京区七条通加茂川筋西入ル稲荷町448 鴨川ビル1F
交通手段 京阪電車「七条」駅より徒歩2分(3番出口より七条大橋をわたってすぐの黄色いビル) 。JR京都駅烏丸正面出口より徒歩10分。
営業時間 8:00~21:00

【ブレックファスト】8:00~11:00
【ランチ】12:00~15:00
【カフェ】12:00~20:00
【ディナー】18:00~20:00

不定休

この記事を書いた人

ライター:奥田真由子

       

アロマテラピー検定1級、環境カオリスタ、ナチュラルビューティスタイリスト。京都府立大学大学院英語英米文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。文学研究を通して社会と人のあり方を考えていた経験から、国内外エシカル関連の情報を「肩ひじ張らずに」探求したく日々勉強中。